読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とぼふ日記

アニメの話など。

ずっと凍結していたはてなブログを普通日記として試してみる。

今週のお題「秋の新番組」

軽い日記なのではてダよりはざっくりと。ちなみにTVは普段観てないので(家庭の事情で録画出来ないことはないが基本ネット配信中心。例えば「ガリレイドンナ」は1話はフジオンデマンドで無料で観られるみたいだけれど、2話以降どうなるか分からない。ほとぼとり冷めたころにニコ生一挙配信とかやるんで、早めにやって欲しい所だけれど、仕事の関係で一気に観る時間がないので録画が一番かな。あ、地方格差問題は長くなるのでパス。

 

というわけで今期観てる範囲で気に入った、気になったのだけ書く。

 

リトルバスターズ!~Refrain~」

その昔、無印のPCゲームをやったことがあるので、つきあって1期に続き視聴。リフレインから本番。ループもので、生真面目に尺長くとって繰り返すという某ハルヒエンドレスエイトのストレスフルから比べれば、尺の問題で何だか最初から何週目してるのはいい構成。

 

「キルラキル」

スタッフのメンツを観れば、相変わらずのテイストである。まあ、色んなネタを持ってきているが、個人的にスケバン刑事の当時のキャッチコピー「セーラー服は戦闘服」とど根性ガエルのピョン吉とマジンガーZを一緒くたにした所は好き。スケバン刑事はリアルタイムで観ていて思い入れがあるので、キルラキルとの関連の話はまた今度。2話まで観たところ、作品全体のクオリティの問題もあるかもしれないが、破天荒な展開の割にテイストは破綻してない。「ファンタジスタドール」の方がよっぽど破綻しているw


「ガンダムビルドファイターズ」

そもそもガンプラにあまり興味がない。大昔、イデオンの重機動メカのプラモをよく作っていたくらいで、今の現状はまったく分からないし、そもそも富野アニメ好きであって、ガンダムはそんなに詳しくない。物語的には∀ガンダムで終わっていると思っているのだが、シリーズを続ける以上、相変わらず子供が戦争するような話はもう無理で、ガンプラアニメに開き直ったところは英断だと思う。ちょっと前にガンプラビルダーズがあったが、今作に比べれば敷居が高く、どちらかというとガンオタ向けの濃さがあった。それを地上派TV用に敷居を低くしてリファインしたところは悪くないが(戦闘演出はむしろ分かりやすく良くなっている)、ランバラルさんが出てきたり、そのうち恒例の仮面の変態が出てくるのかもしれないが、子供に受けるかどうかその一点にかかっている。


ミス・モノクローム

一時期に比べれば3〜5分枠アニメが減ったような気がするが、そこそこ面白く貴重なキワモノ。


「ゴールデンタイム」

これも堀江由衣主役アニメ。大学生生活の話なので、中学、高校等の学園物が多い中、どうなんだろう。

 

アウトブレイク・カンパニー」

まだ1話の段階なので分からないが、評判はいいらしいので継続。アニメ、オタクネタがあまり鼻につかず、それなりの話の面白さがあればいいんだけれど。

 

コッペリオン

これもまだ1話。微妙なところですね。原作1巻だけ試しに読んだんですが、ヤマト2199と同じく放射能汚染にまったく触れないところはTV放映の限界なんでしょうか。原作では1巻ですら放射能汚染前提でなければ話が進まないんですけれど。

 

「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」

艦これと連携した楽しみ方はわかりませんが、キャラも含めてオールCGアニメという点で、観ることにします。「009 RE:CYBORG」に続いてサンジゲンのセル画風CGですが、まだ苦しい感じがしますね。他のアニメではさりげなくモブでCG使ってますが、あまり目立たないんで問題ないんですが、メインキャラとなるとね…。今後に期待しましょう。ところで、手描きではなく、CG作画の作画オタっているんでしょうか?

 

「のんのんびより」

一部だと思いますけれど、今のファンタジーって今作のようなものになるんでしょうか。テンポは悪くないです。むしろ好きな方です。今期の癒し枠になるかどうかですね。

 

「凪のあすから」

個人的には問題作だと思っています。

というわけで、違和感の行く末を見守るために継続しようと思いますが、この手のリアリティ基準に問題がある作品に出くわすと、思わず迷作「魔法遣いに大切なこと」を必ず思い出してしまって、あのアニメはある意味偉大だなあ、と思いますね。

 

「京騒戯画」

以前、ニコ動で配信されていたのは知っていたんですが、食わず嫌いで未見だったんですが1話を観て、映像の華やかさ、作画の力の入れよう、勢いだけでなく、それなりの設定上の理屈の裏付けとドラマがありそうで、意外に気に入りました。

「革命機ヴァルブレイヴ2nd」

何だか普通になりましたね。というのも、突飛な設定や嘘があってもいいんですが、それらが上手く繋がって整合性が出来れば、逆説的にフィクション上のリアリティが立ち上がる。それを、無茶苦茶だった1期に期待してたんですが、今回の1話でやってくれて(例えば吸血鬼であるハルトが血が足りなくなると、契約したロボットが電池切れになる所など。まあ、他にツッコミ所はありますが)それはそれでいいんですが、何か物足りない気がします。視聴者は勝手ですねw